赤ちゃんの名前

赤ちゃんが生まれた時、多くの方が名前のつけ方の
本を調べて良い名前をつけようと考えます。

 

その時選んだ本が本来の姓名学のものと
違っていたらどうしましょう。

 

現在の姓名学は昭和に入って熊崎健翁氏によって
考案されたものが(鑑定)の基になっています。

 

熊崎健翁氏の書以前に5格で判断するものはありません。

言ってみれば姓名学の正当な教科書です。

 

多くの流派がありますが熊崎健翁氏の書を基にしている場合が多いです。

熊崎健翁氏の書を基にしながら部分的に解釈を変えた流派もあります。

 

ですから本を選ぶ時によく考えなければなりません。

何処で見分けるか?

 

一つの目安として字画があります。

本来の姓名学は旧漢字の字画で見ます。

 

文字の一つ一つには考案された時代背景が有り
込められた画数があります。

 

今、漢字も簡略化され本来の画数と違ってしまった
文字もあります。

 

このように文字の成り立ちから考えると字画も
本来の文字の画数で数えるべきと言えるでしょう。

 

本来の漢字を正漢字、簡略化された漢字を新漢字
と云います。

 

本屋さんで本を選ぶ時、正漢字で解説している本
を選びましょう。

 

名前をつけるとき考慮すること

それぞれの運数が良い運数かどうか

天運画数と人運画数の相性はどうか

人運画数と地運画数の相性はどうか

外運画数の良し悪しはどうか

層雲画数の良し悪しはどうか