改名

改名は読んで字のごとく名前を改めることです。

芸能界では多くの方が芸名ということで改名しています。

 

しかも2度、3度、改名されている方も少なくありません。

例えば里見浩太朗さん、ビートたけしさん、五木ひろしさん、

麻丘めぐみさん、かとうれいこさん、雛形あき子さん、・・・

皆さん何度か改名されています。

 

著名人の方にも改名されている方は多数おられます。

司馬遼太郎さん、山岡荘八さん、小松左京さん、

山田耕筰さん、太宰治さん・・・

こちらの場合はペンネームと云われます。

 

伝統文化の世界では名前を受け継ぐことが当然の如く行われています。

歌舞伎などでは受け継ぐ時には襲名披露が盛大に行われます。

名前を受け継ぐことでその名に恥じない役者になろうとするわけです。

 

改名というと皆さん親からもらった名前を

変えるなんてと思われる方が多いのも事実です。

でも子供が幸せになるならどこの親も反対はしないでしょう。

女性なら殆どの場合、結婚すれば姓が変わります。

その時、姓が変わる事に反対する親御さんはいないでしょう。

 

では一般の人が改名する場合どうすれば良いのでしょうか?

改名といっても戸籍から変える訳ではありません。

通称(通り名)を変えることも改名です。

名刺をお持ちの方は名刺の名前を変えることを考えてください。

 

営業マンの方で名刺の名前を変えられた方時々見かけます。

名前を変えて新たな気持で仕事に取り組む、素敵なことではありませんか?

それは運気を高め開運につながります。